亀頭増大で皮がかぶりにくくなって包茎改善

亀頭を増大すると皮がかぶりにくくなる

包茎で悩んでいる人は多いですが、亀頭増大の施術を行うことによって包茎が改善される効果が得られることもあります。包茎手術を受けなくても、亀頭が大きくなることで皮がかぶりにくくなり、自然と包茎が改善されるケースもあることを知っておくと良いです。日本人の過半数は包茎だと言われていますが、これを放置していると性行為に支障が出たり病気になりやすかったりするという問題があるので、早めに解決することが推奨されています。
亀頭増大を行いたいと考えているのであれば、同時に包茎を改善する効果も得られるかもしれないと思っておくと良いでしょう。包茎であることを悩んでいる人の中には、亀頭が大きくなることで皮が引っかかる部分が生まれ、症状が解決する人もいます。亀頭増大を行うとカリと呼ばれる亀頭辺縁部にコラーゲンなどを注入することで、この部分を肥大化されるので、それまでよりも皮がしっかりと引っかかるようになるでしょう。

包茎の種類によっては他の手術が必要な場合もある

亀頭増大で包茎が改善されることが多くありますが、施術を受ける人の包茎の種類によっては他の手術をしなければならない場合もあることを理解しておきましょう。いわゆるカントン包茎と呼ばれる症状に当てはまる場合は、亀頭増大を行うことでカントン包茎の症状が悪化してしまう可能性があります。また、真性包茎の場合は亀頭増大だけ行うことは不可能です。この場合は、事前に包茎手術を行ってから亀頭増大を行う、包茎手術と亀頭増大を同時に行う方法が推奨されているので、医師に相談して自分に合った方法を選ぶことが大切だと言えるでしょう。
確実に効果を得たい場合、包茎の症状が悪化してしまうのではないかと心配な場合は、医師としっかり話し合ってから施術を実施するべきです。亀頭を増大することによって包茎が改善されるケースは多いですが、カントン包茎や真性包茎の場合は、亀頭増大の処置だけではなく、他の手術を受ける必要があるかどうか確かめるようにしてください。

まとめ

病院で亀頭増大効果がある施術を受けるのであれば、包茎の症状が改善される可能性があります。亀頭が大きくなると引っかかりができるので、皮が被りにくくなる効果が得られるはずです。ただし、真性包茎やカントン包茎の場合は亀頭増大ができない、症状が悪化してしまうケースがあるので注意が必要だと言えます。これらの場合でも事前や同時に包茎手術を行った上で亀頭増大を行うことができるので、亀頭増大と包茎治療の両方を行うことができると知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です